携帯とNode.jsによる映像演出

P1560651

こんにちは、hawkshawです。

今回は、先日自分の劇団で試した映像演出についてです。

まずはこちら。

演劇における映像演出は、特にオープニングや幕間など、非常に多く使用されており、今回はその1つとしてお客さんのスマホ端末もディスプレイやスピーカーとして使うという試みでした。

正直な所、今回は演出効果も少なく、気付かなかったお客さんも多いなど、課題が多い結果になってしまいましたが、今後もこういった流れは続いていくと思うので良い実験になりました。

技術的なことはさておき、今回の劇演出にスマホを使った理由は2つあります。

1. 多くの人が持っていて、これだけ綺麗な映像を出すことができるディスプレイとスピーカーを内蔵している端末を、劇空間においては電源を切らなくてはいけないようになっているのはもったいない。

2. 自分が所有しているものが突然動き出す時の畏怖感

1つ目は思いつきのコンセプトだけですが、開演アナウンスに一ひねり入れたいというのが元からあり、動画冒頭にも入れてみました。
2つ目は今回の公演では有効に使うのは中々難しかったのですが、一度デモを作って人に見せたときの反応で多かったのが「何
か怖い」というもの。これが普通に会場に設置されたディスプレイやスピーカーだった場合と自分の持っているものの場合の違いは何なのか。そのあたり考えるともっと観客に迫れる気がしています。例えば怪談話に使うとか。

しばらく別件で忙しくなるのでまた芝居をするのはちょっと先になってしまいますが、色々なもの作っていこうと考えてます。ではまた!

==================================
一応技術的には、Wifiでローカルネットワークを作り、各スマホからサーバーPCにnode.jsでブラウザ経由でアクセスし、演出のタイミング等を受け取っています。
チャットを改造したようなものでこのあたりを参考にしました。

【node.js】socket.ioで構築したローカルで動くシンプルなチャットルーム。www.tettori.net/post/852/

映像はThree.jsでCanvasを使ったもの。
星空のデータと共にこちらを使わせて頂きました。
Three.jsで作る天の川銀河 – ParticleSystem

http://washitake.com/blog/archives/224

ローカルで動かした場合、ネットワークやセキュリティの設定が結構うるさいですがサンプル触るだけでも楽しいので試してみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)