『ひかりのたまてばこ』行ってきた@川崎市市民ミュージアム

DSC00514川崎市市民ミュージアムで開かれている光と最新のデジタル技術を駆使したメディアアートの展覧会「ひかりのたまてばこ」に行ってきました。

お客さんの体験によって完成するインタラクティブアート、美術展示としては珍しく、撮影OKなのも嬉しいですね。

DSC00513アトリエオモヤ≪光であそぶ≫ ⒸAtelier OMOYA
光が透けて輝くビー玉とのインタラクションが楽しい作品。

DSC00503森脇裕之《レイヨ=グラフィー》Ⓒhiroyuki MORIWAKI
一つ一つはとてもシンプルなしくみで面白いです。電子回路勉強してた頃思い出しますね。

DSC00493森脇裕之「Lake Awareness 」Ⓒhiroyuki MORIWAKI
作品の凄さと同時に、膨大な製作時間を想像してしまう…

DSC00484的場やすし/山野真吾/徳井太郎《splash display》Ⓒyasushi MATOBAshingo YAMANOtaro TOKUI

DSC00444小松宏誠≪Lifelog シャンデリア≫ Ⓒkosei KOMATSU
風を通したインタラクション。デジタルにない美しさです。

DSC00473DSC00458 DSC00433緒方壽人(takram design engineering)《音めがね》Ⓒhisato OGATA (takram design engineering)

DSC00429真鍋大度/比嘉了≪happy halloween!≫ Ⓒdaido MANABEsatoru HIGA

全体を通じて思ったのは、数年前までぎこちない動きだったデジタルアートが、気持よく体験として入ってくるアートになっている事でした。今後はもっとこういう領域が盛んになってくるのでしょう。

大人も子供も楽しめるアート展示になっています。2015年01月12日まで。1月3日まではお休みのようですが、残り一週間程ですので是非。

魔法の美術館「ひかりのたまてばこ」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)