カメラ選び入門~値段で何が変わるの?~

 

※執筆時、筆者はメーカー関係者ではありませんでしたが、
現在はカメラ関係の職にあるため、必ずしも公正な立場の記事であるとは言えません。
2014年1月時の個人的意見である事にご注意の上、閲覧頂ければと思います。

前回、「カメラ選び入門~ミラーレスをメーカーの方向性で選ぶ~」では、ミラーレス各社の違いを簡単に方向性だけで分類しました。今日は、さらに選んだメーカーの中で値段を分ける事、値段が違うカメラをどのように比較すれば良いかについて考えます。

今日の要旨です。

センサーとレンズさえ揃ってしまえば、根本的なカメラの画質は変わらないが、写真を撮る過程のクオリティという点では操作性や機能も重要であり、それが値段を大きく左右する部分である。初心者であれば、ファインダー(覗き窓)の有無、液晶パネルの大きさや可動性、近年注目の通信系機能の有無で値段分けするのが良いように思う。要らない機能があれば、低価格帯で値段を抑えることも可能。

カメラの値段が違うのはなぜでしょうか?それには2つの理由があります。

  1. 低価格のものよりも高性能な何かをもっている
  2. 最近出したばかりの新製品である

最近出た機種の方が高性能なのは当然な気がしますが、性能はあまり変わらずとも、少しの機能を追加しただけでリニューアルして製品化等という事もあり、分けて考えることにしましょう。

センサーとレンズが同じであれば、基本的に写真の画質は同じになります。しかし、写真のクオリティには、それ以外にカメラの操作性や補助機能の影響も大きくあり、そのように付加された機能が、全体的なカメラの値段を決定していると言って良いと思います。

逆に言えば、必要のない機能を省く事で、購入費を安く抑え、他の出費に回すようなことも考えられるわけです。

カメラの値段を大きく左右する機能達はこんな感じです。

  • EVF(電子ビューファインダ)の解像度や見易さ、可動性
  • 液晶の解像度や見易さ、可動性
  • ボタンやダイヤルの数
  • Wifi、NFC、GPS、等通信系の機能
  • 手振れ補正
  • ボディの剛性
  • AF速度
  • 連写速度 … etc

このように幾つかある訳ですが、有る無しを除けば、非常に似たり寄ったりな性能であることも事実です。ここではあまりカメラに詳しくない方を対象にしているので、思い切って絞ってしまいましょう。

個人的に注目して欲しい事は、先ほど上げた内、上の4つです。

  • EVF(電子ビューファインダ)の解像度や見易さ、可動性
    性能に関しては特に初心者の人はあまり気にしなくて良いと思います。実際に見てみて満足できればOK。ただ、有るか無いか、(無くても後から別購入で装着できるかどうか)はその後の撮影スタイルに大分影響するので重要でしょう。
    有るメリット:明暗色味など確認しながらシャッターを切れる。
    無いデメリット:写真の明るみを自分で調節しようとすると、明るい所では液晶はほぼ使い物にならない。

 

  • 液晶の解像度や見易さ、可動性
    液晶が綺麗かというのも、撮ってすぐに確認したりする人には重要だと思います。また、最近は液晶を移動できたりするモデルも多いので、可動性(動く範囲も色々)にも注目です。
    動くメリット:高低違った目線で撮れる。自分撮りができたりもする。
    動かないデメリット:特に無し

 

  • ボタンやダイヤルの数
    表現によって設定を変えた良い写真を撮ろうと考え始めると、絞りや露出の設定、ホワイトバランス変更等、カスタマイズ性は非常に重要なのですが、設定に関してあまりこだわらずPモードで統一という方にはあまり必要の無い部分だと思います。ミラーレスであれば、もちろん設定ができない訳ではないので、使いながら慣れていけば良いと思います。
    有るメリット:状況に合わせてすぐに設定変更可
    無いデメリット:オートから脱しにくい

 

  • Wifi、NFC、GPS、等通信系の機能
    これも有る無しの二択ですね。写真のクオリティには全く影響しませんが、最新機種あたりでは、性能面の違いはなく、この機能が付いているか付いていないかが大きな違いのものも多いです。携帯に転送してすぐSNSにアップロードという使い方をどう考えるかですね。メモリーカード(SD等)にWifi機能が付いているものもあるのでそれも検討する価値があると思います。個人的には、現状まだちょっとどれも接続まで遅いかなという印象はあります。
    有るメリット:Wifi:すぐにSNSアップロード可 NFC:Wifiよりも接続までが速い GPS:アルバム管理しやすい
    無いデメリット:特に無し

ここまで考えられるようになれば、ほとんどその人に適したカメラは決まってきます。

一眼レフかミラーレスかコンデジかでミラーレスを選んだ人は、
メーカー選びを考えるである程度メーカーを絞った上で、
今回の4点(ファインダー、可動液晶パネル、ボタンダイヤル、通信機能)を考えれば、ほぼほぼ、どのカメラがオススメか決まります。実際に店員さんに尋ねるもよし、僕に聞くもよし。

何となく最初の候補が決まった所で次は、
カメラの性能に全く微塵も関係のない、でも重要な部分について考えたいと思います。
ミラーレスに関しては最後になるのではないかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)