携帯とNode.jsによる映像演出

こんにちは、hawkshawです。

今回は、先日自分の劇団で試した映像演出についてです。

まずはこちら。

演劇における映像演出は、特にオープニングや幕間など、非常に多く使用されており、今回はその1つとしてお客さんのスマホ端末もディスプレイやスピーカーとして使うという試みでした。

正直な所、今回は演出効果も少なく、気付かなかったお客さんも多いなど、課題が多い結果になってしまいましたが、今後もこういった流れは続いていくと思うので良い実験になりました。

技術的なことはさておき、今回の劇演出にスマホを使った理由は2つあります。

1. 多くの人が持っていて、これだけ綺麗な映像を出すことができるディスプレイとスピーカーを内蔵している端末を、劇空間においては電源を切らなくてはいけないようになっているのはもったいない。

2. 自分が所有しているものが突然動き出す時の畏怖感

1つ目は思いつきのコンセプトだけですが、開演アナウンスに一ひねり入れたいというのが元からあり、動画冒頭にも入れてみました。
2つ目は今回の公演では有効に使うのは中々難しかったのですが、一度デモを作って人に見せたときの反応で多かったのが「何
か怖い」というもの。これが普通に会場に設置されたディスプレイやスピーカーだった場合と自分の持っているものの場合の違いは何なのか。そのあたり考えるともっと観客に迫れる気がしています。例えば怪談話に使うとか。

しばらく別件で忙しくなるのでまた芝居をするのはちょっと先になってしまいますが、色々なもの作っていこうと考えてます。ではまた!

==================================
一応技術的には、Wifiでローカルネットワークを作り、各スマホからサーバーPCにnode.jsでブラウザ経由でアクセスし、演出のタイミング等を受け取っています。
チャットを改造したようなものでこのあたりを参考にしました。

【node.js】socket.ioで構築したローカルで動くシンプルなチャットルーム。www.tettori.net/post/852/

映像はThree.jsでCanvasを使ったもの。
星空のデータと共にこちらを使わせて頂きました。
Three.jsで作る天の川銀河 – ParticleSystem
http://washitake.com/blog/archives/224

ローカルで動かした場合、ネットワークやセキュリティの設定が結構うるさいですがサンプル触るだけでも楽しいので試してみて下さい。

ごほうびカフェ・ランチ行ってみた

DSC02087こんにちは、谷根千に来ました。
先日紹介した 大学生が月1で運営するカフェ 『ごほうびカフェ』

ごほうびCAFE行ってみた

前回はスイーツのみだったのでランチを頂きに行きました。

DSC02090DSC02097

頑張った自分へのごほうびがコンセプトDSC02115DSC02214

キッチンには雑貨沢山
DSC02118

今日のパンプレート

DSC02121DSC02132DSC02126

ごはんプレートも頂きました。DSC02137

店内に沢山いるライオンのぬいぐるみ

DSC02135

持つとしたら、こうですね

DSC02164DSC02204

猫は高いところが好き

DSC02171

スイーツが可愛い。

DSC02212

前回帰る時にもらったチケット。渡すとちいさなごほうびが。

DSC02225

ごほうびカフェ、次回は6/28(日)

BAPAに入学しました。

お久しぶりです。年明けてから一回も更新していませんでした。
それでも過去記事を見て下さる方が毎日100人以上いらっしゃるのはとても嬉しいですね。

ちょこまかと最近の事を書いていこうと思うんですが、社会人になって今月で二年目に突入した私ですが、4月から学校に通い始めました。
最近、プロジェクションマッピングやライブ演出、広告等、テクノロジーを使ったコンテンツが増えてきていると思います。そんな中、学校というと大げさですが、BAPAというアートとプログラミングの両方をできる人材を育成しようという学校があり、そこに通っています。
BAPA ~Both Art and Programming Academy~
周りが広告代理店の方々ばかりの中でびくびくしながらやっております。

それに関連して、今後はこのブログでもテクノロジーアートのための技術を扱っていこうと思っています。カメラ記事と共に楽しんで頂ければ。

とりあえず次回は、先月自分の所属団体で行った映像演出の技術要素なんかを書いていこうと思います。
P1560651

あけましておめでとうございます[ブログ開設一周年]

あけましておめでとうございます、hawkshawです。

昨年1月1日のブログ開設以来、一年間大変お世話になりました。皆様のカメラ選びや、撮影技術、知識の向上に少しでもお役に立てたのであれば嬉しいです。

この一年で沢山の方に当ブログを読んで頂きました。特に閲覧数が多かったのは、

カメラ選び入門~一眼レフ、ミラーレス、コンデジ?どれが良いの?~
Zemanta Related Posts Thumbnail

「コンデジ ミラーレス」での検索数は1000を超え、数千人の方に読んで頂けました。

撮影技術についても、ニッチな所で

ライブ、舞台写真の撮り方を考える。
P1410057

の記事も『ライブ 写真 撮り方』等の検索で多くの方に読んで頂き、皆様の思い出保存に一役買えたと思っています。

また、技術面では、絞り値とボケの関係性を数式を使わずに説明した

どうして絞りを開く(F値を下げる)とボケるの?その理由
6

の評判が良く、カメラ系の相談が増えるきっかけにもなりました。

2015年も撮影レポが中心にはなると思いますが、見ても読んでも楽しいカメラブログを目指して参りますので、よろしくお願い致します。

P1550402

『ひかりのたまてばこ』行ってきた@川崎市市民ミュージアム

DSC00514川崎市市民ミュージアムで開かれている光と最新のデジタル技術を駆使したメディアアートの展覧会「ひかりのたまてばこ」に行ってきました。

お客さんの体験によって完成するインタラクティブアート、美術展示としては珍しく、撮影OKなのも嬉しいですね。

DSC00513アトリエオモヤ≪光であそぶ≫ ⒸAtelier OMOYA
光が透けて輝くビー玉とのインタラクションが楽しい作品。

DSC00503森脇裕之《レイヨ=グラフィー》Ⓒhiroyuki MORIWAKI
一つ一つはとてもシンプルなしくみで面白いです。電子回路勉強してた頃思い出しますね。

DSC00493森脇裕之「Lake Awareness 」Ⓒhiroyuki MORIWAKI
作品の凄さと同時に、膨大な製作時間を想像してしまう…

DSC00484的場やすし/山野真吾/徳井太郎《splash display》Ⓒyasushi MATOBAshingo YAMANOtaro TOKUI

DSC00444小松宏誠≪Lifelog シャンデリア≫ Ⓒkosei KOMATSU
風を通したインタラクション。デジタルにない美しさです。

DSC00473DSC00458 DSC00433緒方壽人(takram design engineering)《音めがね》Ⓒhisato OGATA (takram design engineering)

DSC00429真鍋大度/比嘉了≪happy halloween!≫ Ⓒdaido MANABEsatoru HIGA

全体を通じて思ったのは、数年前までぎこちない動きだったデジタルアートが、気持よく体験として入ってくるアートになっている事でした。今後はもっとこういう領域が盛んになってくるのでしょう。

大人も子供も楽しめるアート展示になっています。2015年01月12日まで。1月3日まではお休みのようですが、残り一週間程ですので是非。

魔法の美術館「ひかりのたまてばこ」

鎌倉の紅葉

鎌倉、円覚寺から鶴岡八幡宮、長谷寺のライトアップまで、紅葉スポットを巡って撮影してきました。

DSC00094
DSC00084
DSC00157

 

見上げる紅葉

DSC00164

DSC00167

DSC00177

DSC00198

P1540889

P1540907

P1540867-2

P1540882

遠くにも見える鳥居
DSC00225

DSC00228

DSC00234

DSC00258

DSC00271

DSC00309燃えるように紅い。

ディズニー・ハリウッド・スタジオ行ってきた@Orlando, FL

前回の続きです。フロリダと言えばディズニー!

到着したのが、トロントでの13時間乗り継ぎの後でしたが、翌日からの予定があるのでとりあえず行くことに!

ディズニーワールド4つもパークがあるので悩みますが、ハリウッド・スタジオに行くことにしました。

P1510271

シンボルの魔法の帽子

P1510268

エアロスミスとコラボしたジェットコースター!

P1510276

ロックンローラコースターにまず乗ります。P1510279

P1510287

中にスタジオ

P1510293

動きはスペースマウンテンに近いですが、音楽にのってネオンの街を駆け抜けるコースターが新鮮でした。

P1510264

注目のタワーオブテラー。日本との違いは…

シリキ・ウトゥンドゥがいない事 ((゜口゜))まじかよ

P1510306 P1510321

美女と野獣P1510323 P1510329 P1510333-2

P1510341

簡単に夕飯を済ませて夜のステージへP1510342 P1510354

噴水へのプロジェクション。ちょっと使いすぎ感はありましたがwP1510366 P1510379

でかいP1510384 P1510388 P1510393 P1510401 P1510408

ここらへんのスケールのデカさは圧巻でした。P1510412 P1510441

閉園際のライブP1510444 P1510450

初日からテンション上がりました。P1510455 P1510458

ユニバーサルスタジオフロリダ行ってきた@Orlando, FL

USJの本家、フロリダにあるユニバーサルスタジオのハリーポッターのテーマパーク「The Wizarding World of Harry Potter」に諸事情あって行ってきました。

まだ日本に来てないダイアゴン横丁に一足お先に!

 

P1520069

 

 

目玉はやはりダイアゴン横丁にある最も安全な銀行、グリンゴッツ銀行です。ライドも素晴らしい。

P1520013 P1520019 P1520027

映画の世界観がそのまま表現されてます。

P1520050 P1520059

バタービールも頂きました。甘い。

P1520112-2P1520075P1520045 P1520060P1520110P1520154 P1520140P1520148貴重な機会でした。行けて良かった!

ごほうびCafe行ってみた

先日、友人経由で知った、月に一度本物のカフェを貸しきって学生さんが開いている不定期カフェ『ごほうびカフェ』に行ってきました。

P1500390

千代田線千駄木駅から南に少し歩いた所にちょこんと小さな看板が。ふだんはつむぐカフェというお店らしいですが、今日は違うのです。

P1500433

路地を入ると手作り感溢れる看板がお出迎え、ごほうびカフェ。

P1500419

ランチから力を入れて作っているそうです。時間が遅かったのでランチは頂けませんでしたが、シフォンケーキとカフェオレを注文。

P1500396

ブルーベリーソースをかけて食べるシフォンケーキ。
P1500420

つむぐカフェは小さなお子さんがいる方でも気兼ねなく入れるカフェがコンセプトのようで、座敷のような席もありました。

P1500416P1500426

やりたい事があって、それを実行している。応援したくなりますね。
次回は11/23とのこと。今度は是非ランチを食べてみたいです。P1500411ごほうびクレープも気になる!

P1470234

ちなみに、千駄木は谷根千と呼ばれる「谷中、根津、千駄木」の1つ。ごほうびカフェのこのお店も谷中ぎんざ等へも歩いて行く事ができます。P1470252

一本50円の激安焼き鳥屋や、雑貨屋さんが沢山並ぶ商店街、是非一緒に行ってみてはどうでしょうか。

つむぐカフェ⇛『つむぐカフェ』

ライブ、舞台写真の撮り方を考える。

ライブや舞台の写真を撮るのって難しいですよね。
いやそもそもあまり撮る人も多くないとも思うのですが、
私が普段撮影していて一番難しいと感じる部類に入ります。

今日は割とニッチですが、そんなシーンでの撮影に注目します。

内容としては、
普段ライブ写真を撮っていて難しいと思っている事や、気をつけている事、経験的にこうすると良い写真が撮れたりする等といった事をつらつらと書く回になっています。

ライブ、舞台写真の難しさとは何でしょうか。

①暗くてブレやすい、しかも人は激しく動いている。
②照明等によって明るさが大きく変わり、コントラスト差も大きいので露出を失敗しやすい。
③そもそも撮影する機会が少ない(商業舞台はもちろん撮影NG)

このように幾つかの障壁が、ライブでの撮影を困難にしています。
中々初心者の人には難しいのですが、まずライブ撮影について一般的な事をまとめます。

まずライブ写真撮影は以下の点に注目します。
★露出に注意
★被写体が止まる瞬間を狙え

なるべく明るいレンズを使い、シャッタースピードは大体1/60より遅くならないようにしましょう。レンズが明るくない場合は、多少ノイズが出てもシャッタースピードを優先するべき。

明るさの自動制御の問題に、カメラは暗いところ明るいところどっちを注目したらよいのか分からないという問題があります。例えば「目つぶし(ライト)による逆光シーン」と「ピンスポシーン」。前者は暗いところに見たいものがありますし、後者は明るくなっている場所が見たい場所です。どちらに明るさを合わせるかはカメラは判断できないのです。(一応最近は顔に露出を合わせるとか自動でも頑張ってます)そこである程度ライブ撮影を成功させるためには、露出補正を使った撮影が必要になってきます。使ったことがない人はこの機会に試してみましょう。

逆光    →そのまま(あまり+にはしません)
ピンスポ →-1/3~-1EV

そしてシャッターチャンスについて

ライブでは演者は常に動いています。その動きを収めるのは非常に難しいですが、よく観察していると、腕の振りや体の揺らし方など、瞬間的に止まる部分が必ずあります。そういった瞬間を狙うと、被写体をブレさせずに撮ることができます。また、サビ等、照明が点滅を繰り返している時は、タイミングを合わせて明るい時にシャッターを切った方が成功率は高いです。P1410057(写真は承諾を得て使用しています)

ここからはバンドライブ撮影について、それぞれのパートに分けて撮り方のポイントを挙げていきます。

構図についても書いてますが、ほんの一例なので色々探してみましょう。

●ボーカル
割と簡単な所から行きます。客席からは1番近い位置にいますし、まずはボーカルが上手く撮れるようになる事が目標です。ボーカルが難しいのは比較的動きが多い事でしょうか。

・首や腕の上下移動が1番上にくる瞬間
・間奏
が比較的タイミングが狙いやすいです。言語化が難しいですが。

P1410141 P1400962
P1400840

 
●ギター

ギタリストの場合、ギターが腰位置にあるため、ボーカルよりも引いた構図になります。撮りやすいのは縦位置。

P1400573 P1410073

 

横位置の場合、少し斜めに大きく入れると良いです。

●ベース

ギターよりも多少長いため、構図のとり方も少し変わってきます。
ベースの場合、切り取るか、全体を入れて下から撮るとバランス良く見えます。

P1410106 P1400954

 

 

●キーボP1400640
譜面台やコーラスマイクがある場合、正面よりも斜めからの方が構図が取りやすいです。マイクと被らないように狙いましょう。

●ドラム
最後です、ライブ撮影の最難関、ドラマーです。
遠い上に、とにかくよく動く。撮りにくいったらないのですが、撮られるために叩いてる訳じゃありませんから撮る側が頑張りましょう。

正面を向いている事が少ないので、Aメロ等比較的安定した部分で余裕をもって叩いている時に撮るのが良いです。ライド・シンバルを使っている時は体が前に開くのでそういう時も狙いやすいです。

P1400824 P1400779

 

 

●その他、客席とか

バンドと客席が一体となって盛り上がっている時、お決まりの振りがある部分は見逃せません。あと、基本的にカメラマンはど真ん中にはいない方が良いでしょう。ライブの雰囲気を壊さぬよう、しかし、最前線にいるからには積極的に盛り上げていきましょう。

P1370869 P1400865

 

 

いかがでしたか?なかなか上手く撮るのは難しいですが、友人のライブ等、かっこ良く綺麗に撮ってあげれば喜ばれる事間違い無しです。場数を踏んで、良い思い出を残しましょう。